BOOK&coffee

BOOK & coffee

読書世界の魅力を発信する秘密のアトリエ☕️

成長レシピ(第2号)ー本屋にいくー

f:id:K5-dax-impact:20190203041711j:plain



 BOOK&coffeeへようこそ
 
BOOK&coffeeでは、クリエイティブな活動に欠かせない素材を、”本”から集めだし、シンプルにまとめています。
 
 
 
読者の皆さんの”クリエイティブな活動を支えるしごと場”として、BOOK&coffeeがあります。
 
 
 

いざ時短!今日からできる”成長レシピ”

BOOK&coffeeの新たなコーナーを追加。
 
いざ時短!今日からできる”成長レシピ”
 
ここでは、わたしが実際にいろいろな本を読んで導き出した「成長」につながる行動のポイントをまとめています。
 
決して手軽ではないかもしれないけれど、今日から「自分のルール」にすることを徹底し、習慣化すれば必ず自分に良い変化をもたらせる魔法のような”レシピ”をご紹介。
 
読者の皆さんの悩んでいる時間をショートカットし、「今日からできる!」をお約束できるように工夫して編集しています。
 
ぜひ参考にして、気にいるものがあれば取りかかってみてください。
 
今回のテーマは「本屋に行く」です。
 
それでは、ごゆっくりお楽しみください。
 
 

 なぜ本屋?

 
読者のみなさんにぜひオススメしたいのは「本屋へ出かける」ことです。
 
なぜ本屋にいくことをオススメするのかといえば、たくさんの”気づき”を得ることができるからです
 
もっといえば、今の自分が何に興味を持っているのか、今の自分は何を欲しているのかを知ることができます
 
例えば、コーヒーに関する書籍が目についたらば、今の自分はコーヒーに関することに興味を持っているんだ。なんで自分はコーヒーに興味を持っているんだろう...?
 
という風に、自分自身と自然と対話をする時間ができるのです。
 
ちょっとした冒険気分で有意義な時間を過ごすことができます。
 
 

本屋へ行くメリット

 
本屋へ行くメリットは前述した通り、さまざまな”気づき”を得ることができるということがあげられます。
 
もちろん、それ以外にも本屋へ行くと味わえるおもしろさはあります。
 
次に、わたしが実際にメリットと感じていることをまとめてみます。
 
  1. ビジネスのヒントを発見できる
  2. 生活の解像度をあげることができる
  3. 著者との出会い
  4. 未知を知ることができる
  5. 時代の流れに触れることができる
etc...
 
代表的なものはこの5つです。
 
 

ビジネスのヒントを発見できる

 
ビジネスのヒントとはすなわち自分のキャリアや仕事に関わるアイデアのタネのことをさします。

 

アイデアとは持っている知識の掛け合わせですから、本屋はその材料である知識を作物の収穫のように集める場として、適しています。

 

また、自身の視野を多角的に広げることができるため、全然違う分野の知に思わぬヒントを発見できます。

 

 

生活の解像度

 
生活の解像度とはいろんな視点から物事を捉える能力のことをさします。
 
つまり、知識を集めれば集めるほど、その分、幅広い視点から1つの物事を考察できるわけです。
 
本屋に習慣的に訪れ、さまざまな本を手にとって読んでみたり、実際に購入して熟読したりを繰り返すことでその効果はどんどん色濃くなります。
 
 

著者との出会い

 
著者との出会いもおもしろいです。
 
これは、実際にどういう人が世の中で活躍されているのかや、その著者の価値観を知ることができます。
 
著者との出会いは人間の”生き方”のパターンを蓄積することに繋がります。
 
他の人の生き方を知ることで、自分の生き方を考えるきっかけやヒントを手に入れることができるのです。。
 
自分とは違う生き方や、価値観に触れる体験がでにるのは、本屋ならではのメリットといえそうです。
 
 

未知を知ることができる

 
これは言葉の通りそのままです。
 
自分はどの分野について詳しく知っていて、反対にどの分野がうといのかを直感的に仕分けすることができます。
 
「知っている・知らない」を綺麗に整理するには最適なのです。
 
 

時代の流れに触れることができる

 
本屋にはいま何が”トレンド”となっているのかが言語化されています。
 
例えば、本屋にはオススメコーナーがあると思いますが、どんなものが売り上げランキングの上位を占めているのかや、どんな本が世の人々に長年愛されているのか、といったことを情報収拾できます。
 
時代の変化によってもたらされている人々のニーズの変化をそのまま感じることができるのです。
 
「最近は考えるスキルを身に付けることが大事なんだー」
 
「へー今は独学がキーワードなのね。」
 
といった”気づき”を得ることがここでは大事です。
 
 シンプルに本のタイトルにも、トレンドワードが使われていたりする場合もあります。
 
 

本屋で過ごす時間の生産性を飛躍的に高める方法

 
本屋をプラプラと散歩しながら、さまざまな本と出会い、著者や自分とコミュニケーションをすることだけでも、もちろん効果的です。
 
最後にご紹介したい大事なポイントがあります。
 
実際に、わたしが、「この本屋で過ごす有意義な時間を もっと濃密にできないか?」と思ってやり始めたある方法があります。
 
本屋で過ごす生産性を飛躍的に高める簡単な方法、
 
それは、”メモ”です。
 
僕はFastEverというアプリを使ってスマホで気づいたことをすぐにメモしています。
 
 

加えて、Evernote(https://evernote.com/intl/jp)を愛用しており、ここに集めた”気づき”をストックしています。

 

 

FastEverは無料ではありませんが、パッとメモができて、さっとEvernote内につくっているアイデアBOXに放りこむことができらので、おすすめです!

 

これでなくても、今は無料のメモアプリが充実しているので使いやすいものを探してみてください。

 

わたしがメモをオススメする理由は、まさに”気づき”のアンテナをより、敏感にできるからです。

 

本屋だからこそ収穫可能な”気づき”はたくさんあります。

 

僕は本からはもちろん、そこに来ている他の人がどんな本を手にとっているのか?や、年代層によるトレンド、時間帯によって変化する来店者といった一次情報にもアンテナを張って情報収拾とメモをとっています。

 

 

「本屋へ行く」、簡単なのでその効果をぜひ体感してみてください。

 

 

 
 
 
(今回はこのへんでcoffee breakにしましょう☕️... )