BOOK&coffee

BOOK & coffee

読書世界の魅力を発信する秘密のアトリエ☕️

読書について考える

f:id:K5-dax-impact:20190123174059j:plain

読書とはなにかを考えていく

 

本を習慣的に読むようになってしばらく経ったある日、そもそも「読書」とは何かといったことを考えるようになりました。

 

もうその問いを考え始めてかれこれ1年以上は経っていると思うのですが、いまだにこれといった答えは持っていません。ある日には「自分に向き合い、自分とのコミュニケーションを楽しむための遊び」という答えがしっくりきたかと思えば、月日が経てばやっぱり違うと思うようになる、そんな繰り返しです。

 

つまり、これは答えのない問題というかその時々の文脈に応じて読書とは何かという問いは変化するものなのだと思っています。なんのために本を読むのか、それは最終的にはその時点での根元にある自分の「欲求」にフィットするものがおそらくしっくりとくるわけで、その欲求は常に変化するものだから、これといった答えを出すものではないなと割り切っています。

 

 

さて、しばらくブログの更新をできずにいてモヤモヤしていたのですが、実は自分のキャリアについて整理しつつじっくりと考える時間にあてていました。

 

ここ最近は方法論ばかりがつらつらと並んだいわゆる「テクニック本」のようなものばかりに目がいってしまっていて、本質的な問いを考える書物とはあまり向き合っていませんでした。

 

 

そんな本のバイキングに満足し、ようやくひと段落ついたところで落ち着いた読書を楽しみたいと思いました。そんな中手に取ったのが松岡正剛(まつおかせいごう)さんの『多読術』という本です。

 

 

なぜこの本を取ったかといえば松岡正剛さんがどんな人なのか気になっていたから。

 

彼の著書は何冊かわたしの本棚にはありました。しかし、当時まだ読書経験が浅い自分にとっては内容が難しく、ずっと食わず嫌いな状態のままでいました。だから、好き嫌い言わず出されたものは食べなさいではないですが、もう一度読んでみましょうと自分に言い聞かせたわけです。

 

『多読術』はQA形式のレイアウトで読みやすそうな印象を受けたのと、内容それ自体にも興味があったのでまずはこの本からスタートという経緯。

 

 

この本を手に取ってちらっとみた背表紙には次のような文句がありました。

 

読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。

著者の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介。

本書を読めば自分に適した読書スタイルがきっと見つかります。

読書の達人による多読のコツを伝授。

 

 

これをみて、読書に精通しておられる著者が日々書物とどのように向き合っているのかを知りたくなったのです。

 

そんなこんなで、読み進めていくうちに自分に突きつけられたのが冒頭の「読書とは何か」という問いでした。

 

改めてこの問いに立ち向かってみることにします。

 

 

 

 

読書をするとバカになる?

 

いきなり読書の悪い部分から考えてみようと思います。

 

今振り返っても本がなければ自分は路頭に迷っていただろうといっても過言ではないくらいその存在はわたしの中では大きなものです。

 

しかし、読書は一方で危ないツールとして捉えている部分があります。

 

わたしの本の位置づけを考えてみますと、わたしにとって本とは「誘惑」です。

 

大げさにいえば、世の中にはこういう考え方もあるしこういう方法論もあるんだけど、とってもいいでしょう?よかったら真似してみない?今日からやってみない?とまるで営業トークをずっと聞かされているような状況がわたしが捉えている読書です。

 

そして、あれもいいしこれもいい、けれど「あなたはどうしたいですか?」ということを最終的には問われることになります。この一連の流れが本を読むということです。

 

押し売りのような営業トークでせめてきたり、あるいは紳士的な対応で接してくれたりと本によって様々ですが、営業というたとえに限らず、いろんな角度から「あなたはどうしたいの?」ということを聞かれているような感覚が最近のわたしの読書にはあります。

 

 

注意すべきは本を読んでいると、「あれもいいしこれもいい」という風に感じてしまうことです。しかし中にはハズレがあります。そこを見分けないといけません。欲に任せてあれもこれも欲張ってしまうと路頭に迷ってしまいます。

 

 

なぜ欲張ると路頭に迷うのか、それは「自分の基準」を見失ってしまうからです。

 

 

例えばものを1つお店で買うシーンを考えると、私たちはこれに1000円支払う価値があるのかないのかということを考えているはずです。払う払わないという判断は、「自分にとって今買うべき理由があるか・ないか」をきちんと持っているからこそできるものだと思います。

 

 

しかし、欲に任せた状態とはいわばこうした買い物において金銭感覚が麻痺してしまっている状態です。あれも欲しいこれも欲しいとものを買っていく習慣の持ち主は、よっぽどな収入がない限りはやがて資金が尽きてしまうでしょう。

 

読書も同じで、あの人の考え方がいいから真似しよう、この人のテクニックがいいから今日からやってみようというのは悪いことではないのですが、これが習慣になっていると危険です。

 

なぜなら、「考える」作業を怠っているからです。他人の思考や方法論の上部だけをなぞるのではなく、今なぜそれを自分に取り入れるのか、それを参考にすることで何を実現しようとしているのか、というようなことを「考える」時間をつくることが読書では必要だと思います。

 

わたしは以前まるで知識コレクターになったかのように答え集めのような本の読み方をしていたことがあり、そのような読み方をしていたがゆえに後悔してしまったことがいくつもあります。

 

考え方が偏屈になったり、深い思考ができなくなっていたり、大事な意思決定場面で集めていたはずの答えは実際には何も参考にならずただの飾りにすぎなかったことに気づいたりとあげればきりがありません。もちろん、今もその後遺症で苦しむことがあります。

 

要するに、「思考のツール」として本を読むことができなければ、ただの「頭でっかち」にしかならないのです。

 

 

大事なのは「自分がどうしたいのか」という核なる価値観や信念を磨くために読書をするということ。わたしはそこを大事にしています。

 

 

 

 

 

 

 (今回はこのへんでcoffee breakとしましょう...☕️)

 

 

 

 

 

<参考書籍>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 About BOOK&coffee☕️ 

 

ここBOOK&coffeeではクリエイティブな活動に必要な素材をまとめています。

 

日々の『学び』を丁寧に1冊の本に仕上げて、それを本棚に並べる。時間の流れとともに本棚の光景の変化を楽しむことができれば、こんなに心が踊る遊びはない。よし、やってみよう。

 

かつてなんとなく”ふと思ったこの声”が原点。

時を経てこの想いを体現したくなり、「せっかくだから実際に並べた本を誰かに読んでもらえるようにしよう!」と構想を練って創り上げた場所がここ「BOOK&coffee」です。

 

 お気に入りのカップを書斎におき、豆を挽いて、香ばしい珈琲の香りに包まれながら書物を読むように、当ブログ「BOOK&coffee」でごゆっくり、お楽しみください。

 

✏︎詳細はこちらからご覧ください。

BOOK&coffee Detail

 

※2019/02/15にBOOK&coffeeをリニューアルしました。

詳細URL

BOOK&coffee リニューアルのお知らせ - BOOK & coffee